大阪市のフリーランスWEBデザイナー・ホームページ制作のmmdesign office

mmdesign office 大阪のホームページ制作/WEBデザイン事務所
mmdesign office

フリーランス

子育て中であるママフリーランスとしての働き方や働く場所について

こんにちは。大阪でフリーランスのWEBデザイナーとして仕事をしています。

今日は、子育て中であるママフリーランスとしての働き方や働く場所についてお話したいと思います。

=============

私は開業してから、しばらく大阪梅田のコワーキングスペースを拠点に仕事をしていました。
今年の緊急事態宣言で、コワーキングスペースが閉まってからは、自宅で仕事をしました。

緊急事態宣言によって、多くの保育園・幼稚園は休園になっていたと思います。

私が子どもたちを通わせている認定子ども園では、緊急事態宣言下でも、仕事がある場合は休ませなくて良いということでした。

元々リモートワークのフリーランスクリエイターなので、緊急事態宣言で仕事がなくなる事はなく、むしろその頃とても忙しかった私は、心苦しく思いながら、子どもたちを園に預けていました。

その期間中は極力早くお迎えには行くようにしていましたが、園に来ているお友達は当然少なくなっているので、「クラスで男の子が一人だけだったよ。泣」と息子が言う日が何日かあり、申し訳なく思っていました。

私自身、自宅で仕事をしているのに子どもを休ませてあげられないなんて。という葛藤に悩みながらの登園でした。

「子どもを見ながら隙間時間に稼げる」というキーワードをたくさん見たことはありますが、
私の場合は、子どもを見ながら仕事はできないですし、しようとも全く思いません。

うちの場合は息子・娘とも両方お昼寝をほとんどしない子で、日中は常に相手をしなければならないので、仕事をする時間が取れません。

ちょっとでもメールを返そうものならキーボードの上に飛び乗ったり、立っていても足を引っ張って邪魔してきたりと、とにかくできないんです。。

そうすると、夜の寝かしつけをした後が、私の作業時間になりますが、通常通り仕事をするには時間がどうしても足りなくなってしまいます。

===========

開業したばかりの頃、スケジュール調整がうまくできず、日中も仕事をして間に合わないので子どもたちを寝かしつけた後に夜中まで仕事をするという事をしていました。(今でもする時はありますが)

仕事が苦にならないタイプの人間なので、仕事をする事は全く辛くは無いのですが、家事(育児も)をしている時に、この時間に仕事を進められたらな・・・と思ってしまっていました。

そう考える反面、子どもの相手をしっかりとしてあげられていない、理想の母親像とのギャップにも悩みました。

とにかく早く寝かしつけをして、作業を進めなければ」という思考になってしまうんです。

===========

そういう状況から抜け出すために、仕事を厳選するようにしました。

金額で選ぶのではなく、「やりたいかやりたくないか」で選択しました。

そうする事によって、よりストレスフリーな生活をすることができています。

「時間に追われる」ということが減り、イライラすることが減りました。

===========

今も自宅で作業をしていましたが、来月からまたコワーキングスペースで作業をしようと思います。

その主な理由は、

①自宅では余計なことがめに飛び込んでくる(できていない家事など)
②気持ちの切り替えが難しかったりする
③一人で作業をしていると精神的に暗くなってしまうことがある
④人と関わりたい

です。

①と②に関しては、忙しい時はそんなこと気にしてられないので大丈夫なのですが、ちょっと余裕がある時に、家事が気になったり、とりあえず休憩してから仕事しよう。ってなりやすいです。全て私の場合はです。

============

「何のためにフリーランスをしているのか」を考えた時に、私の場合は「自分の人生を楽しく生きるため」という答えになるので、やりたくない仕事を無理して引き受けようとは全く思わないです。

ここでいう「やりたくない仕事」というのは、「モチベーションが上がらない仕事」という意味で使っています。

お金にならなくてもやりたい仕事は時間がなくてもとにかくやります。

今、そういう働き方をしていることで、毎日朝起きた時に、「今日も朝から子どもたちが可愛すぎる」「今日も幸せだな、1日頑張ろう」と思えています。

  • mmdesign office
  • >
  • BLOG
  • >
  • フリーランス
  • >
  • 子育て中であるママフリーランスとしての働き方や働く場所について