大阪市のフリーランスWEBデザイナー・ホームページ制作のmmdesign office

mmdesign office 大阪のホームページ制作/WEBデザイン事務所
mmdesign office

WEBデザイナーについて

Webデザイナーとは

フリーランスWebデザイナー

Webデザイナーとは

Webデザイナーという職業をご存知でしょうか?

プロフィール記事で書いた通り、私が知ったのは20代でした。

Webデザイナーとは、文字通りWebサイトのデザインをする人の事です。

デザインだけでなく、コーディングも含みます(Webデザイナー/コーダーと分かれて呼ぶ場合もあります)。

コーディングとは、めっちゃ簡単に言うと、”デザインをコードにすること“で、

Webデザインをブラウザ上で見る形にするために、ソースコードを記述することです。
言語はHTMLやCSS、JavaScriptなどを主に使用します。

使用するソフト

私の場合は、デザインにはほとんどAdobeのPhotoshopを使用します。

他には、Illustratorや、最近はXDも増えています。

コーディングには、DreamWeaverを使用しています。
私はデジハリで勉強以来、DreamWeaverを愛用していますが、コーダーの方でDreamWeaverを使用されているという方は、あまり聞かない気がします。私は慣れているし使いやすく、変える必要性を感じないので、これからも使い続ける予定です。

コーディングは、無料ソフトでもできますし、究極はメモ帳さえあればできます。

Webデザイナーの位置付け

一般的な制作会社では、以下の通り役割が分かれています。

  1. Webディレクター
  2. Webデザイナー
  3. コーダー(フロントエンドエンジニア)

まず、Webディレクターは、プロジェクトの進行・管理をします。

Webデザイナーは、Webディレクターから指示のあった内容をデザインにしていきます。

デザインが完成したら、コーダーがコーディングをし形作っていきます。

フリーランスのWebデザイナーは、これらの役割を1人でこなす方が多いです。
自由に仕事ができるところも、フリーランスの強みですね。