大阪市のフリーランスWEBデザイナー・ホームページ制作のmmdesign office

mmdesign office 大阪のホームページ制作/WEBデザイン事務所
mmdesign office

サイト制作

Webサイト制作の流れ

baby salon chouchouro

Webサイトを作るまでには、様々な工程があります。
今回は、Webサイトを作るまでの一般的な流れを書いてみます。

制作の流れ

Webデザイナーは、企画から設計、デザイン、コーディングまでを行います。

詳しくはこちら→Webデザイナーとは

特に、フリーランスのWebデザイナーは、全ての作業を1人で行う人が多いです。
以下は、1つのWebサイトが完成するまでに、最低限必要な作業です。

1. 企画を立てる

まず、作ろうとしているWebサイトの目的を決め、どんなコンテンツが必要なのか、どんなユーザーをターゲットとするのかに基づいて、サイトの構成をまとめます。

2.サイトマップ作成

サイトマップとは、サイトの構成を表した表です。必要なページをリストにし、どのページにリンクするのかをツリーのようにまとめたものです。

3.ワイヤーフレーム作成

Webサイトの骨組みとなる、「ワイヤーフレーム」を作成します。テキストや画像などを簡単に、ラインとボックスで作成し、必要なコンテンツや配置などを確認します。

4.デザインする

デザインソフトを使用し、デザインを行います。

5.コーディング

HTMLやCSSという言語を使用して、デザインを形に作り上げていく作業です。
デザイン通りになるように実装します。

6.Web上へ公開

作成したファイルをWebサーバー上にアップロードします。

以上が制作の流れです。
制作会社では、工程によって担当が分かれている場合もあれば、1人で全て行うこともあります。

Webデザイナーによって、得意・不得意もあり、デザインのみ・コーディングのみを行うWebデザイナーもいます。
自分がどのような働き方をしたいかで、スキルアップする分野を選択しても良いと思います。